2007年02月28日

名言

 「この先彼女以上、自分を好いてくれる人はいない」

 この言葉は、知り合い(独身)が結婚した人に「どうして結婚しようと思ったんですか」という問いに対する答え。

 そういう人と巡り会えることは、本当に少ないと思うし、そういう確信があるってのは本当に素敵~!!結婚生活山有り谷有りで、なに人でもどんな人と結婚しようとも問題はつきぬ物でしょう。でもその確信を得るだけ、結婚する価値があるんだろうな。

 自分が結婚を考えるときは、その確信があるかどうかで考えたいもんだ。
  


Posted by みっちー at 00:08Comments(0)日常のつぶやき

2007年02月26日

ブログから・・・

 疲れたり行き詰まったりすると、いろんな人のブログをみることにしている。やはり職業柄、日本語教師のブログを覗くことが多い。
 ブログから作者の人間性がでるのか読んでいると、本当に一生懸命、真摯な姿を感じる。そういったブログを覗くと、勉強になるとともに「私もがんばらねば!」と思って、疲れが飛んでいってしまう。刺激になる。

 今回もブログを覗いて、刺激を受けたので、今日はちょっと多めに働いて、多めに勉強しょう。
  


Posted by みっちー at 21:38Comments(0)

2007年02月22日

こんな時は、ロールカードが必要です。

 先日、ウリドンネで一番大きい大きいスーパーへ行きました。そこでの出来事。

 その日、私は牡蠣パジョンを作ろうとおもって、魚屋の兄さんに「少しくれ」だのなんだの言っていました。で、もともと韓国語が上手じゃない私。日本に帰っている間全然韓国語の勉強しなかったからもー、できないできない。でも、スーパーなんで、かぎられた言葉しか使わないので、まあなんとか買い物ができました。よかった。

 で、買い物が済んで、店をでて、3分ほど歩いたとき!後からさっきの魚屋の兄さんが呼びかけて来るじゃありませんか。忘れ物をしたのかしらと思っていると、兄さん。プレゼントの魚を手にして、「日本に関心があるし、日本語を勉強しているんで、友だちになってくれないか」らしきことをいうではありませんか!
 「時間があれば、どこかで遊び、会話したい!ウリドンネには、日本人がいないから本当に今日あえてよかった~!!うれしい!といい、連絡先を教えろ!といい、自分の連絡先を書いてくれるしまつ。
一度でいいから、この電話番号に電話してくれ!といいうのですが・・・・

 正直、こういうのは迷惑なんです~。もちろん、魚屋のお兄さんの気持ちはありがたいのですが、今日会っただけの人とは急に友だちになれないよ~。友だちって、「さあ、友だちになるぞ!」と気合い入れてなるんじゃなくて、段々友だちになってくるもんだよ~。最初は、魚屋と客でいいじゃん。最初から電話番号は飛ばしすぎ~。

 と思っていて、そのことを韓国語で言おうとしたのですが、言えません。傷つけないように断りたい!どんな文型で、どんな語彙を使えばいいの??そう思うと、頭がぐるぐるで、お兄さん主導で会話は進んでいき、最後には電話番号を手渡されてしまいました。

 結局、その彼には電話をしていないのですが、あのときの文型はなんだったのだろう、それを言って断りたいなと思います。(ちなみにそのスーパーは大きいので、行けなくなったら激痛!!)

 OPI的教授法ってのは、こういうときに使えばめっちゃ効果的!っておもっちまう。言いたいけど言えない!って気持ちになってるもん。この後に文型の導入してくれたら、おそらく韓国語の力めきめきあがるのでは?と思います。

 必要な文型、語彙を教えてだれか!そして、韓国語教育のためロールカードを作って!
 
  


Posted by みっちー at 10:58Comments(2)日常のつぶやき

2007年02月20日

韓国生活一年目の雑感

 ふと、食事中に気になったことを書く。

 私は、夕食に必ず酒を飲む。だんだん量が増えているが、いつごろから飲むようになったんだろう??学生のころから、確かに一人でお酒は飲んでいた。けど、飲まない日も多くあった。どちらかというと、気が向いたら飲む、と言う感じだった。
 けど、今気がついたら、必ず飲んでいる。いや、のまなければならないと思っている気がする。明日の授業のために飲まなければならないと思っている気がする。 

 ある種のストレス発散と考えるのならば、こんなふうになったことを喜ぶべきか。けど、酒を飲まないで済む学生だったころを思うと、今は学生だったころが懐かしい。学生だったころは、酒を飲まないでもストレスを溜めなかったり、ストレスをうち消す楽しみがあった気がする。今後また学生になったとしても、一人で酒を飲み続ける自分が想像できて寂しい限りである。
  


Posted by みっちー at 21:42Comments(4)日常のつぶやき

2007年02月19日

さっそく・・・・

 韓国に入国してすぐ、何か体の様子が変。くしゃみ、鼻水がとまらない・・・・。「多分、空気が乾燥してるんだ~」と思っていましたが、今日発熱。

 早速、頭痛、くしゃみ、鼻水です。風邪をひいたみたい。。。。。。。元々、友人から「体、弱すぎ」と突っ込まれるくらい弱いんですが、本当に弱いんです。ちょっと環境が変わっただけで、発熱とは!

 今年の目標に、運動することと付け加えておこう。  


Posted by みっちー at 22:19Comments(6)日常のつぶやき

2007年02月18日

釜山港に帰った

 みなさま、とうとう韓国に帰りました。楽しかった日本、やすらぎの日本・・・・また戻ってきます。それまでの辛抱辛抱。

 今回の日本滞在は、取り立てて長いわけではなかったけど、とにかく刺激になりました。研究する上でも、授業をする上でも刺激になりました。新しい世界、足りない知識というのを実感して、さらに上を目指したいと思いました。日本で学んだことを生かして、さらに精進したいものです。

 そして、、、、早速異文化倦怠感。釜山駅からKTXやらタクシーやら乗ったんですが、時間の遅れ、人の態度の悪さ、便利の悪さに異文化を感じ、むっとしてしまいました。なんでKTXっておくれるんかな~、なんで大きい荷物がおけんくらい狭いんだよ!冷静に設計しろ!
 まあ慣れるまでなんですが、しばらくむっとしていきたいとおもいます。そのむかつき加減を客観的に観察する自分がいて、それをきちんと書きとめよー。

 
  


Posted by みっちー at 23:47Comments(0)日常のつぶやき

2007年02月17日

水戸黄門的事態

 先日、とある日本語教育研究会に行って、やさしそうな先生方と帰り道が一緒になり、楽しくおしゃべりしながら帰りました。

 そして・・・・その中で気さくにやさしそうな先生がいて、たまたま地下鉄で隣になって、さらに無駄話を楽しくおしゃべりしました。そして、天神駅も近づいたところ、このまま別れるのはさびしい、お名前でも、と思ってお名前を伺うと!かなりのご高名な先生でした。

 気さくに無駄口や先生に突っ込みいれていた自分が恥ずかしくなってしまいました。こんなこともあるんだな~と水戸黄門的事態にかなり冷や汗ものでした。これから、無駄話も知的レベルの高い話にしよう。  


Posted by みっちー at 22:12Comments(0)

2007年02月16日

老化現象

 最近、めちゃくちゃ涙もろい。懐かしい人と会ったり、親の些細な行為、友達のことにすぐにじわーっと涙がでそうになる。涙ぐんでるのがばれたら恥ずかしいので、涙ぐんでいない振りをするけど、涙ぐむ回数が去年の回数より数倍多い。
 なんでなんでしょう。年をとったのかな??
 
 今、ちょうど韓国へ帰韓する準備をしているんだけど、その間に親が「これもってき。」とかいって持たしてくれるとそれだけで涙が出そうになる。これが今生の別れになるわけじゃないのに・・・・。この涙はどこからやってくるのかな。

   


Posted by みっちー at 21:53Comments(4)日常のつぶやき

2007年02月16日

自信と過信

 自信はもっていいけど、過信はしちゃだめ。というのが、私のモットー。そして、常に周囲の人に助けられている、と感謝するように。これも心がけていること。今学期も、周囲の人に助けられながら、周囲から何かを学びながら、進んでいきたい。  


Posted by みっちー at 03:00Comments(0)日常のつぶやき

2007年02月15日

迷い村

 今日一日、何もしなくて時間があったせいか、迷うことが多い。将来や研究に対して「このままでいいのかな~」と思ってしまう。けれども考えても答えの出ないものは、しょうがない。
 明日からつべこべ言わず、「今しなければならないこと」をしよう。結果は後からついてくる!  


Posted by みっちー at 22:29Comments(0)日常のつぶやき

2007年02月15日

休日

 今日は、ひさびさになーんもしなくてもいい日。なんもしない、なんもしない。するのは寝ることだけ。。。。。めっちゃ食っちゃね、食っちゃねした。もともと引きこもり型の人間なんで、なにもしないで布団に入り続けた。
 明日から帰韓の準備をしなければならない。今日はなーんも考えんと休もう。
   


Posted by みっちー at 15:41Comments(0)日常のつぶやき

2007年02月15日

宗教と学問

 大学生のころ、「学問には宗教としかいえない部分がある」というようなことをとある先生から習った。で、私もその考えにずーっと同調して、そのとおりだと思っていました。だから、学問の道を深めれば深めるほどそんな部分があるってずっと信じていた。

 でも先日、これまたとある先生と「文法研究対第二言語習得」というお話をして、すごく議論になった。私も一生懸命で、その先生も一生懸命に議論をした。どっちが正しいというわけではないけど、「学問には宗教としかいえない部分がある」という部分を実感した。けど、そこの部分をその先生に説明できなかった。どのへんが宗教の部分なのか。ここの根本を信じているから、信じてるんですっていえなかった。(その先生は哲学をもってらっしゃるから、こう信じてるから信じない、といってたけど)

 「学問には宗教としかいえない部分がある」というのは、ある種の哲学なんだろうな。私は今の今までその哲学を言葉だけ捕らえていて恥ずかしいもんだ。もうちょっと研究に対して哲学をもてるように精進しなければ。

 また「文法研究対第二言語習得」というお題は、本当に不毛なお題であるかのようだけど、議論をすることで、自分は当然と思っていることに対して疑問がわき、その部分を補強してから研究を進めないとと思った。一人よがりはよくない。

 やはり、その道の長い人とお話をすると勉強になる。  


Posted by みっちー at 01:16Comments(0)研究のつぶやき

2007年02月12日

引越し

 突然ですが、こちらのブログの引越しいたしました。みなさまよろしくお願いいたします。  


Posted by みっちー at 22:46Comments(0)