Posted by at

2007年04月11日

41人42脚 ~2~

 さて、大会当日。若干の筋肉痛を感じつつも参加。

 まず、第一回戦。対戦学科:不明
 相手チームの自滅により勝利を得る。私も緊張してしまってか、一度転んでしまいました。その後ぺースを取りもどし、加速するのですが、また転んでしまった。計2回もころんでしまうという失態をおかすものの、相手チームがさらに遅く、勝利を得る!やった!

 昼食後、第2回戦。対戦学科:鉄道経営学科
 この鉄道経営学科、去年の41人42脚の覇者である。18秒という、歴代新記録を打ち出し、伝説の学科だった。17秒を出すぞ!という副学生長のかけ声の元、チームみんなでファイティング!と声を出す。

 ピストルの銃声がなるやいやな、マックスで走った!走った!走った!もう前しか見えない!

接戦の結果、からくも勝利を得る!

学生と喜びのハグをするものの、足が笑ってしまい、数秒、地面に座り込む。

 第3回戦 対戦学科:外食ホテル

 この外食ホテル、日本学科にとって因縁のチームだった。学生が言うには、練習試合を挑むと、いつも日本学科が負けてしまうのだそうだ。越えられない壁であるらしい。また、私にとっても因縁のチームである。この外食ホテルチームに参加している韓国人の先生には、ちょっとした恨みがある。韓国人の先生とは、顔を合わせれば挨拶をする仲ではあるが。去年、私の住む寮には、外食ホテル所属のフィリピン人の先生が住んでいた。韓国人の先生は、そのフィリピン人の先生のお世話役で何度も寮で会ったことがある。

 で、そのフィリピン人の先生、私と同じく去年の春から採用である。私よりフィリピン人の先生が先に寮に入り、本来私が住むべきであった広い部屋を先に占領したのだ!!おかげでおいらは狭い部屋に。韓国人の先生、もっとしっかり監督せんかい!もしくは約束守ろうよ!という一抹の恨みが!

 この恨みをはらすべく、勝負に挑む。 

 では続きは後ほど・・・・・
  


Posted by みっちー at 08:05Comments(6)教育のつぶやき