スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2007年05月09日

誤解

 この間、ちょっとした事件がありました。

 本当はよくできるのに、最近勉強の習慣がなくなっていて、成績が下がり気味のC君。授業中なんかもだらけてて、よく休みぎみの彼。もちろん、授業を始めるオリエンテーションの段階で、休む時は必ず連絡してくださいといっておいたので、彼が休むたびに、きちんと連絡しなさいと口をすっぱく言い続けました。

 その彼が今日授業を欠席しました。周りの学生に聞くと、今日は体育祭の予選と言うことでそれに選手として参加しているとのこと。で、参加していることは悪くないのですが、問題は連絡なしに休んだと言うこと!やはりこれは言わねば、と思って、C君に注意しました。とすると、彼は逆切れし、ふてくされた態度で目もあわせない様子。

 なんで、なんで逆切れすんの??と思いつつ、その態度の悪さにも注意しつつ気まずい時間がすぎました。

 その後、なぜ彼が逆切れをするのか?ということをもんもんと考えたところ、ある一つに考えに到達。

 もしや彼、「なぜ休む前に連絡しなければならないのか」ということわかってないんじゃ??「休んだ後の連絡と休む前の連絡は同じだ」って思ってるんじゃ!

 と思って、C君をとっ捕まえて、「もしかしたら、わたしたちは誤解しているのかもしれない。同じ連絡をするのにも、休む前にするのと休んだ後でするのは、気持ちが違うんだよ。これはわたしの考えかもしれないけど、大体の日本人はそう思っていると思う。だから、何度も何度も休む前に連絡しなさいって言ってるんだよ。」っと話したところ、最初はむすっとしていた彼。その場は、「すみません」といって立ち去りましたが、後で突然研究室に来て話をしました。

 「先生は、わたしのことを嫌いだと思っていました。どうして、先生がそんなに注意するのかわかりませんでした。普通の韓国人は、休んだ後でも前でも連絡さえすれば、いいです。だから、なぜそんなに言うのかわからなかった。私が嫌いだと思っていました」

 と!うーん!C君は、嫌われていると思っていたのね・・・知らなかった・・・・・。それで、私は日本人の考え方を理解する必要があることを話すとともにC君が嫌いなんじゃないって言いました。もちろん、好きですよっとね!伸びてほしいから、厳しくするんですよ。日本の考え方を知っておいたほうが、後々彼が日本関連の会社や日本人と交流を持つとき、すごく役立つと思うから。と話をしました。
 彼の人間関係や生活のことを話したりしたのですが、やっぱり似ていると思ってもちょっとした部分が違うよう。その違いで、「日本人は・・・・」と思うことが多かったとのこと。今回の一件も、「やっぱり日本人は・・・・」と思っていたとのこと。

 ほんのちっちゃなことだけど、本当に誤解でした。私もただルールを提示するだけで、なぜそのルールがあるのか、という部分を話さなかったというのが問題だったと思ってます。なんというのでしょうか、「なぜこのルールがあるか」という部分は、「話さなくてもわかってくれる」って思っていたようです。

 今回の一件で、「文化を違う人たちを相手にしている」ということを改めて認識しました。新しい発見でした。この発見をくれたC君に感謝です。それとC君と話したことで本当に異文化の心と心の交流ができたようで、うれしい暖かい時間になりました。ありがとね。

   


Posted by みっちー at 17:13Comments(7)教育のつぶやき