Posted by at

2007年12月30日

イメージ写真を撮る

 今日は、雪がふっております。寒い寒い。

 さて、今日は、学生とイメージ写真を撮りに行きました。私が日本へ帰るので、記念にとりましょうということになりました。

 で、イメージ写真とは??日本語のイメージ写真っていうと、なんだろう、商品のイメージを提供する写真ですよね。たとえば、料理とかの写真ですよね。

 韓国語のイメージ写真とは、、、ずばり修正写真のことです。

 私たちは女の子4人で写真を5枚とりました。うち一枚を修整していくのです。顔の大きさ、しわ、腕の太さ、体の大きさ、目の大きさ、首、、、、を修整していくのです。

 写真屋のお兄さんがものすごい勢いで修正していくのですが、よく考えてみたらすごいですよね。だって、映っている本人の前で、顔の大きさとか腕の太さを修整するんだけど、それって暗に「あなたの体は大きい」ってことを示しているわけで・・・・もくもくとなれた手つきでやる写真屋のお兄さんも笑って出来上がる過程を見ている学生もすげーよ。ちなみにあたしは、しわと目を修整されました。

 よく私は男の学生から「僕の恋人です」とかいって、写真を見せられることがあります。そしてその写真に映っている彼女が不細工であったためしがない!みんなものすごい美人なんです。

 でもー、修正している可能性があるんだなあー、と今日は今までのからくりを知った日でした。  


Posted by みっちー at 23:27Comments(0)日記

2007年12月29日

結婚の選択

 適齢期のせいか、この1,2年、結婚する人、もしくは結婚を準備している人が周りに多くなった。この間、知り合いと結婚に関する話になった。

知り合い「彼氏と長ーくつきあってて、結婚したいんだけど、自分の家族が、結婚を反対したらどうする?あと、彼氏の家族が好きになれないとかだったらどうする?みっちーちゃんは、結婚する?」

わたし「うーん、自分の家族の反対だったら、押し切って結婚する。でも、相手の家族が反対していたら、彼氏が押し切ってくれる覚悟がなければ、結婚しないかも。あと相手の家族が好きになれなかったら、結婚しないかも。」

知り合い「ええー、そうなの??長くつきあってても?」

わたし「うん・・・・」

 という話をしました。この知り合いの問い、、、、、実際に直面したら難しいですね。一応こうやってこたえたけど、実際に直面したら、わかりません。そのときの状況でしかないんですけど、実際に結婚した人は、家族の反対、親族関係の不安を押し切っているような感があります。なんというか、二人の問題として、あといかに二人でこの問題を乗り越えるか、みたいな感じです。うん。

 結婚するかどうかの決め手は、どれだけ相手と一体になるかということですかねえ。  


Posted by みっちー at 18:20Comments(4)日記

2007年12月28日

あたしの味

 最近なんですが、よく仕事の関係やらなんかで、今まで会わなかった人と会うことが増えています。
 さて、先日、他大学の日本人の先生とちょいとお茶をしました。で、その先生のことを私は名前だけ知ってて、それとあんまり良くないふうに聞いていました。それで、初めてお会いするとき、結構どきどきして、お話したんですが、話すうちにかなり、意気投合し、プライベートでも食事しようぜって言う話になりました。(あ、ちなみにこの先生、男性の先生なんですが、すてきな婚約者もいて、今が、幸せの絶頂のようです。人の幸せを見るのは楽しい。食事はもちろん、婚約者さんをいれて3人です)

 ふうむ。こんなに楽しい人だったなんて。本当にもっと早く会えばよかった。かなり後悔。その先生は、日本文学を専攻されていらっしゃるのですが、文学の話が本当に面白い。10年間ずーっと日本文学を研究されているからか、お話される話が、本当に講義みたいで面白かった。

 で、その先生がわたしにおっしゃった言葉1。
「みっちー先生には、味がありますよ。その味を生かせばきっといい先生になります。また研究も成功しますよ。楽しみですね」

 あたしの味?なんだろう??自分の味ってよくわからないけど、とにかく、その道で頑張っている先人に褒められたのが本当にうれしかった。うん。常に心がけていることに共感してもらえてたというか。うれしい。

その先生のおっしゃった言葉2
「みっちー先生は、飄々として、仕事を楽しんでいるようにみえます」

 ふうむ。最近、「みっちーちゃんは飄々としてるから、心配しなくても人生わたっていけるよ~」といわれることが多い。

みなさん、

「飄々」って意味わかってらっしゃいますか?
「飄々」;考えや行動が世間離れして、つかみ所のないさま by大辞泉

 めっちゃ、いろんなことにつかまれているんですが。。。。。


 そう見えるのかな??どうですか?みなさま。

 でも、もし、それがあたしの味なら、生かさないとね。

 ちょっとまとまりがないんですが、とにかくせっかくもらったこの縁、切れないように大事に大事にしていきます~!  


Posted by みっちー at 18:29Comments(2)日記

2007年12月09日

今日見た夜景は、絶対に忘れません

 今日は、学生と一緒に、食事(ちょっとイイ食事)、動物園、シクチャン山に行きました。

 3人の学生が、テジョン市内を案内してくれました。いろいろお話して・・・、動物園ではしゃいで・・・・。

 なんで、学生達がいろいろと案内してくれたかというと、もちろん私が日本に帰るから。

 「先生にテジョンで一番きれいな夜景を見せたい」といって。。。。。。。。。。。。そして、最後には「先生ありがとうございました」といって、プレゼントを用意してくれて。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 決してお金と時間のある学生じゃありません。食事代、ガソリン代、プレゼント代、決して安いお金ではなかったはず。

 それなのに・・・・・。

 学科の方針でもあるので、大學の教員として、学生達とあんまり親しくなってはいけないと思って、この一年、出来るだけ学生とは距離を取るようしてきた。

 けれども、こんな風に用意してくれて、本当に本当にありがたかった。うれしかった。

 あたしが学生を愛する気持ち。

 その気持ちは伝わっていたんだね。本当に、この学校で、この学生達に会えたことほど幸せなことはないでしょう。今日見た夜景は絶対に忘れません。そして、絶対に学生のことも忘れません。

 本当に、本当に、カムサハムニダ。また、必ず会いましょう。サランハニッカ。。。。  


Posted by みっちー at 21:53Comments(0)日記

2007年12月07日

挨拶回り

 今日は、テスト週間最終日。学生達にとって、今日からが冬休みです。ということは、今日以降、学生に会えません。。。。。今日が、本当にお別れの日です。また、学生達だけじゃなくて他の先生達にももう会える機会は少なくなります。

 今日は、挨拶周りをしてきました。けじめとして、お世話になった感謝の礼として。。。。楽しいことばかり(ではなかったけど)の韓国を離れることが、本当に本当に、悲しく感じます。みんないい人ばっかりで、、、本当にありがとうございます。惜しんでいただいて、本当に泣けてきます。

 あと少し、韓国生活が残っています。下を向かないで、思いっきり楽しまなきゃね。

 わたしの周りの人たちは、日本に帰るという決断を、「前進」だと思って祝福してくれる。背中を押してくれている。この力に支えられて、さらに前に進むぞ!

 さよならからはじまることは、たくさんあるのだ。

 

   


Posted by みっちー at 16:44Comments(2)日記

2007年12月05日

やることが多い

 今日、ようやく、テストの山1「中級会話」のスピーキングのテストが終了しました。

 ・・・・・・まだまだ、やることが多いです。

・・・・・・・はい、他の人に助けてもらってます。カムサハムニダicon41

・・・・・・・・がんばって、みっちー  


Posted by みっちー at 19:35Comments(3)日記