スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2010年05月13日

びびり

「人間はどこまでも人間であり、弱さや欠点をもたない者はない。ただ自分に与えられた職に責任を感じ、その職能をはたすために努力するかしないか、というところに差ができてくるだけだ」(山本周五郎『ながい坂』)









・・・・・・・・いろいろとしなきゃいけないことがあるのですが、とにかく、びびってびびって、やる気がでない。



でも、そう、そうなのだ。周五郎がゆうように、努力するか、しないか、それだけでしかない。うまくいかなくても、しなきゃいけないことはしないといけないのだ。



びびる自分というのは、結構いやだったりする。が、しょうがない。


やるだけ、やろうじゃないか。  


Posted by みっちー at 00:06Comments(0)日記