Posted by at

2011年11月21日

変化に対応する


 教材探しとして、『NHK スペシャル メインド イン ジャパンの命運』という番組を見る。

うむむむ。非常に深い。

 日本のものづくりビジネスモデルは、ますます変化していくんだろうな・・・。

いいことかわからないが、これまでと同じ方法というのは、もう、通用しないのか?

主義やらなんやらを棚上げして、変化に対応できる人間が求められる世の中になるのかしら。


 問題があるとわかったのなら、いつまでも、主義にとらわれて、その問題を放置するのではなく、どうすれば、よくなるのか、ということだけを考えていかなければならないんだろーな。  


Posted by みっちー at 16:05Comments(0)日常のつぶやき

2011年11月21日

なぜ本を読むのか


私には、「ぐだぐだ病」がありまする。

「ぐだぐだ病」ってのは、考えてもしょーもないことを考えてしまう病気で、そういうときの考えは、往々にして、negativeな考えである。
「ぐだぐだ病」が発病してしまうと、negativeな考えがえーんえんと頭をまわってしまうわけです。
本当に、しょーーーもない、病気(癖?)である。

しかし、四半世紀以上生きてみると、自分のそういう病気(癖?)にも気づいてるし、どうすれば、そういう負のスパイラルから抜け出るのか、ということも経験論から知っている。

それは、心を無にして、なぜ、そんなぐだぐだが発生したのか、自分に問いかけるということ。

んん、なんじゃそりゃ、って感じですけど。
うん、なーんで、私は、そんなぐだぐだを感じるのか、その原因となる自分の心をさぐる、ってゆう感じ。

心を無にするってゆーとたいそうなことのような気がするけど、そんなたいそうなことではない。
どういうわけか、私は、岩盤浴に行くと、頭がぼーっとして自分に集中ができる。

ひったすら、熱い中で自分は、何が不満で、または、何がしたくで、ぐだぐだを感じているのか考えるのだ。
ずーっと考えていると、なんか、その原因に行きつくし、原因に行きついたら、じゃあどうすればいいのかも考える。

そーするとね、結構すっきりするのだ。

おお、前ふりながっ!

で、タイトルにもどると、その「本を読む」ということは、「自分をさぐる」知識になっているというわけだ。

自分の経験を分類する基準になってたり、今後の方法論の指針になってたりする。
まあ、めんどくさい作業だけど、めんどくさい性格の私には、必須の作業です。

というわけではないが、やっぱり、いろいろな本を読んで、考えなければならないです。




  


Posted by みっちー at 01:14Comments(0)日記