2009年01月01日

人は死ぬとわかってても生きるよ

 タイトルは、先日みた韓国ドラマのせりふの一つ。

 そーなんだよな、そーなんだよな。人間って、結局最後は死んじゃうってわかっててんのいろいろやってるんだよねえ。
それが普通で、死ぬとわかってても、死ぬまでの間の時間にいろいろな経験ができればそれでいいんだよねえ~。

 私が見た韓国ドラマは、やっぱり恋愛ドラマなんですが、このせりふを聞いたとき、新しいことを始めるときに、「どうせ・・・・だから」と思ってしり込みしちゃだめなのねと感じました。何かを始めるのなら、たとえそれの終わりがあったとしても、その終わりを恐れてはいけない。そしてその終わりを恐れて、何も始めないのは、もっといけない。限りある時間の中で精一杯するのが、人間のあるべき姿なんだろうな。


 というわけで、2009年は、限られた時間を有効に使うべく、「前へ、前へ」進みたいと思います。2008年、みなさまいろいろありがとうございました。みなさまのおかげで、2008年、幸せに楽しく過ごすことができました。ありがとうございました。



同じカテゴリー(日常のつぶやき)の記事画像
我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか
ブログの道
ソウルの風景
同じカテゴリー(日常のつぶやき)の記事
 変化に対応する (2011-11-21 16:05)
 研究が本当に好きなのか、どうか (2010-06-11 23:57)
 Happyとは何か (2010-06-02 23:56)
 我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか (2010-05-11 18:31)
 泣き言は言わない (2009-09-06 12:12)
 Symphony no.3 "Kaddish" (2009-01-19 00:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。