2009年01月19日

Symphony no.3 "Kaddish"

最近、バーンスタイン作曲 交響曲3番「カデッシュ」を聞いています。

この曲は、ユダヤ教の祈りに基づくものと言われていますが、私にとってはとにかく難解です。


歌詞があり、コーラスもついているのですが、歌詞を読めば、ユダヤの神と人間の対話といいましょうか、神と人間の信頼関係回復をとてもドラマティックに歌い上げます。

とても深く美しい曲だと思うのですが、私自身には宗教心というのがないせいか、この曲のドラマティックさとかあんまり理解できていないんじゃないかしらと思います。神を信じていたら、もっとこの曲を深く味わうことができたでしょうね。

神様との信頼関係がなくなるなどというのは、も一つピンときません。が、しかし、この曲は、すごいです。生で聞いたらきっと肌がびりびりする曲だと思います。



同じカテゴリー(日常のつぶやき)の記事画像
我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか
ブログの道
ソウルの風景
同じカテゴリー(日常のつぶやき)の記事
 変化に対応する (2011-11-21 16:05)
 研究が本当に好きなのか、どうか (2010-06-11 23:57)
 Happyとは何か (2010-06-02 23:56)
 我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか (2010-05-11 18:31)
 泣き言は言わない (2009-09-06 12:12)
 人は死ぬとわかってても生きるよ (2009-01-01 01:29)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。