2007年04月17日

嫌なことを押し付ける

 うちの学校そろそろ、中間テストが近いんです。で、テスト範囲を終わらせるため、いつもより時間短縮で進めております。で、本当は一週間に1課ずつする小テストを一週間に二回しました。一週間に一回ずつするのは、ティームティーチングの関係もあるんですが、ペアの先生の許可を得て、2回行うことにしました。で、すごいのは、

学生のブーイング

 「○○先生の授業がまだ終わっていないから、しないほうがいいと思いマース」から始まり、あの手、この手で今日テストをしないように説得を試みる。見事な交渉でした。そして、これはリアルコミュニケーションのロールカードに使えますワイ。

 確かに今日小テストしなくても、別の機会で帳尻をあわすことができて、そこまで急ぐ必要ななかったのですが、今日のテストは一週間前からすると告知していたし、今日テストして、あまった時間はテスト準備あんど次の課に進んだほうがいい!と思って鉄の意志で決行しました。

 結果をみると・・・文句を言っていたわりにはよくできていました。そして、学生との間が気まずくなるかも~っとびびっていましたが、学生は別に普通。そういうもんだよね。

 学生に嫌なことをさせているわけではあるけど、私がこれだ!と決めたんなら、そう進まなきゃ。それなりの責任感をもって。ブーイングをうけるのは嫌だけど、それを乗り切るのも教師の力量のはず!がんばれ!わたし!

 


同じカテゴリー(教育のつぶやき)の記事
 語用論的知識を教える (2008-09-18 01:51)
 前置きが必要です (2008-02-03 14:32)
 場面を教える2 (2007-10-17 19:12)
 面談の行方 (2007-05-21 16:16)
 先生の日 (2007-05-15 22:22)
 誤解 (2007-05-09 17:13)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。