2007年05月09日

誤解

 この間、ちょっとした事件がありました。

 本当はよくできるのに、最近勉強の習慣がなくなっていて、成績が下がり気味のC君。授業中なんかもだらけてて、よく休みぎみの彼。もちろん、授業を始めるオリエンテーションの段階で、休む時は必ず連絡してくださいといっておいたので、彼が休むたびに、きちんと連絡しなさいと口をすっぱく言い続けました。

 その彼が今日授業を欠席しました。周りの学生に聞くと、今日は体育祭の予選と言うことでそれに選手として参加しているとのこと。で、参加していることは悪くないのですが、問題は連絡なしに休んだと言うこと!やはりこれは言わねば、と思って、C君に注意しました。とすると、彼は逆切れし、ふてくされた態度で目もあわせない様子。

 なんで、なんで逆切れすんの??と思いつつ、その態度の悪さにも注意しつつ気まずい時間がすぎました。

 その後、なぜ彼が逆切れをするのか?ということをもんもんと考えたところ、ある一つに考えに到達。

 もしや彼、「なぜ休む前に連絡しなければならないのか」ということわかってないんじゃ??「休んだ後の連絡と休む前の連絡は同じだ」って思ってるんじゃ!

 と思って、C君をとっ捕まえて、「もしかしたら、わたしたちは誤解しているのかもしれない。同じ連絡をするのにも、休む前にするのと休んだ後でするのは、気持ちが違うんだよ。これはわたしの考えかもしれないけど、大体の日本人はそう思っていると思う。だから、何度も何度も休む前に連絡しなさいって言ってるんだよ。」っと話したところ、最初はむすっとしていた彼。その場は、「すみません」といって立ち去りましたが、後で突然研究室に来て話をしました。

 「先生は、わたしのことを嫌いだと思っていました。どうして、先生がそんなに注意するのかわかりませんでした。普通の韓国人は、休んだ後でも前でも連絡さえすれば、いいです。だから、なぜそんなに言うのかわからなかった。私が嫌いだと思っていました」

 と!うーん!C君は、嫌われていると思っていたのね・・・知らなかった・・・・・。それで、私は日本人の考え方を理解する必要があることを話すとともにC君が嫌いなんじゃないって言いました。もちろん、好きですよっとね!伸びてほしいから、厳しくするんですよ。日本の考え方を知っておいたほうが、後々彼が日本関連の会社や日本人と交流を持つとき、すごく役立つと思うから。と話をしました。
 彼の人間関係や生活のことを話したりしたのですが、やっぱり似ていると思ってもちょっとした部分が違うよう。その違いで、「日本人は・・・・」と思うことが多かったとのこと。今回の一件も、「やっぱり日本人は・・・・」と思っていたとのこと。

 ほんのちっちゃなことだけど、本当に誤解でした。私もただルールを提示するだけで、なぜそのルールがあるのか、という部分を話さなかったというのが問題だったと思ってます。なんというのでしょうか、「なぜこのルールがあるか」という部分は、「話さなくてもわかってくれる」って思っていたようです。

 今回の一件で、「文化を違う人たちを相手にしている」ということを改めて認識しました。新しい発見でした。この発見をくれたC君に感謝です。それとC君と話したことで本当に異文化の心と心の交流ができたようで、うれしい暖かい時間になりました。ありがとね。

 


同じカテゴリー(教育のつぶやき)の記事
 語用論的知識を教える (2008-09-18 01:51)
 前置きが必要です (2008-02-03 14:32)
 場面を教える2 (2007-10-17 19:12)
 面談の行方 (2007-05-21 16:16)
 先生の日 (2007-05-15 22:22)
 学生の質問 (2007-04-19 18:00)

この記事へのコメント
みっちょん、おもしろい記事ありがとう。
同じ注意するのでも、認識が違って誤解が生じるってよくあることでだよね。その学生さんも、今回の一件で、日本人とか日本文化とか、ひいては異文化間交流ってどんなことなんだろうって考えさせられたと思うよ。
これからもおもしろい発見があったら、教えてね~。
Posted by しおかわ at 2007年05月10日 07:40
 しおかわしゃん、こめんとありがちょう~。学生さんもかんがえてくれたらな~と思います。その学生さんは、今日もまじめに取り組んでました。

 しおかわしゃん~最近元気にしてる!?最近、ネットの調子が悪くでskypeがノンノンなの~。いろいろおしゃべりしてーよ!!
Posted by みっちー at 2007年05月10日 18:30
先輩のブログ読むと、本当に、毎回自分の至らなさや精神的弱さを痛感します・・・。
やっぱ自分の物差しって正しいとは限らないんですよね・・。

私、学生を注意するのって気が引けてて、なかなかうまくできなかったし、初級の生徒相手だと、私も中国語で流暢に説明できないし、とか思って諦めてた部分あるんですけど、誠意を持って接しようとする先生の姿ってきっと学生の心を打つものがあるし、そうしようとこっちも努力する必要があると感じました。

私、けっこう日本のきちきちした感じが正しいと思ってて、もう中国人は・・・とか言ってましたが、向こうにとってはそれが当たり前なので、それを批判するばかりじゃなくて、日本ではそれはだめだし、そういう態度だと皆が日本で生活していく上で困るってふうに注意するべきで、相手を頭から否定しちゃいけないですよね・・・。
本当にいろいろ考えさせられます。
Posted by タケムラ at 2007年05月12日 08:07
タケムラさん

 コメントありがとう。いやいや、こちらもまだまだ精神的に未熟な人ですから、毎日が試練です。

 確かに、学生を注意するのって本当に難しいよね。特に初級だと、「通じない!」ってあきらめちゃう気持ちになる。だからね・・・
学生側も先生に対して言いたいことがあっても、「この先生は言葉が通じない」ってことになって、きまずい思いになるんだろうね。

 先生に言葉が通じないということは、学生側にとっても大きなストレスなんだろうな~って最近思うようになった。学生の気持ちを知ろうとすればするほど、学生側のストレスみたいなものを感じるようになったよ。「言葉は通じにくいかもしれないけど、あなたが言おうとすることは聞く意思がある」っていう姿勢をもって学生と接して、本当の心の交流見たいのができたらなと思ってます。
Posted by みっちー at 2007年05月13日 15:24
先輩のメッセージ見て、嬉しくなってまた書き込みしちゃいました(笑)。しつこくてすみません・・。
なるほど!聞く意思があるって態度が大切なんですね!!

先輩ならよくご存知だと思うんですが、舎監のアルバイトの時、特に今新入生がゼロ初級なので、私がアルバイト入ってる時には、一切質問とか来ないのに、中国人の子がいる時には、ひっきりなしに「老師・・・」とかって寮生が相談に来るんですよ・・・(中国人の舎監の子の当番の時に、よく管理人室でおしゃべりしてるので、気づきました)。前の中国人の舎監の子はけっこうドライだったので、中国人に囲まれて暮らしていてもそんなに私だけ日本人っという疎外感とか感じなかったのですが、今の舎監の子は、本当に人情派?な感じで、悪い事をしたら厳しいけど、寮生に対して親身になってあげているので、いい意味で威厳もあって、かなり慕われてるんです・・・。本当にいい子なんです!私も大好きです!!

やっぱり厳しくする、優しくする、このメリハリがかなり重要だと思いました。ここは日本だし、中国語できないとかどうとかじゃなくて、日本語でもちゃんと伝えようとする姿勢でいかなきゃ、言葉関係なく舐められますよね・・・。先生になると、生徒への接し方だけじゃなく、教え方うまいとか、言語能力高いとか、知識多い等の能力も、学生に「この先生はいい先生だ!」と思われる要素になるので、自分自身の能力向上させる努力がかなり必要だと痛感します・・・。

なんか寮にいると、中国人に上から下までじろじろ見られたり、自転車置いてたら、上から「ニーハオ」って言われたり、からかわれて疲れていたので、無関心&無視っていう態度を表に出しすぎていました。お金頂いて仕事している自分の立場をわきまえた行動を心がけようと、気持を新たにしました!!

頑張ります!!!
(そういえば、寮生たち、私たち舎監2人にあだ名つけてたみたいなんです!!先輩の時にもありましたか??ちなみに私のあだ名は「小美麗」です!変なあだ名じゃなくてよかった(笑))
Posted by タケムラ at 2007年05月14日 08:31
タケムラさん
いえいえ、どんどん遊びに来て~。遊びに来てくれたほうが、書くのが楽しいもん!!
 
 ええ、寮生がつけるあだ名ってなんだろう???タケムラちゃんのあだ名っていいあだ名じゃん!!うらやまぴい。あたしの変だったらやだな・・・・。

 今度帰国するときに、新しい中国人の舎監さん紹介して~。わくわく。
Posted by みっちー at 2007年05月14日 15:47
パネライコピーそれが電気の上で現れるのは中性で、もし電気軸Xの方向の上で水晶(結晶)の核を圧縮するならば、それではケイ素の原子Iは押し合いをして軾の原子の2と6間に入って、酸素の原子の4は押し合いをしてケイ素の原子の3と5間に入って、このように上で負の電荷に発生して、次に陽電荷の高さに発生して腕時計をまねます。結晶が広げる時極性の相反する電荷の高さに発生して腕時計をまねますパネライコピー。
Posted by パネライコピー at 2013年08月22日 16:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。