2008年02月03日

前置きが必要です

 さて、一昨日韓国に戻りました。いよいよ引っ越しも大詰めで、段ボールにあて名書いたりせないけんなー、と思っているところです。

 さて、さて今日のお題は「前置き」です。以前、日本の某施設で、不審者に見られて、いきなり
 
「どうしたんですか?」face09

 とそこの施設利用者に聞かれたことがあります。

 私はかなりビビってしまってface07、しどろもどろで自分がここにいる理由とか話したんですが、いきなり「どうしたんですか」と、質問するのは、尋問のようでかなり怖かったです。

こういう場合、私だったら、

 「あのー、失礼ですけど、何かこちらに御用ですか?」face02

 とか、前置きをして、かなりオブラートにくるんだ言い方をします。また、学生の日本語の指導でも、丁寧さを必要とする外の関係や上の人相手には、そういう風に、いきなり用件を言わないで、前置きをしてから、用件を言いなさい、という指導をしています。

 で 「前置き」したほうがやっぱり怖くないなんだな~と実感したし、日本語の教科書が言っていることは正しい!とかなり実感しました。

 「前置き」なんて些細なことのように感じられますが、やっぱり大事なものですicon77

  
 

 


同じカテゴリー(教育のつぶやき)の記事
 語用論的知識を教える (2008-09-18 01:51)
 場面を教える2 (2007-10-17 19:12)
 面談の行方 (2007-05-21 16:16)
 先生の日 (2007-05-15 22:22)
 誤解 (2007-05-09 17:13)
 学生の質問 (2007-04-19 18:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。