Posted by at

2008年09月27日

わかりあえぬこと

 ひさかたぶりに、「わかりあえない」と感じることが。

 私にとっては、Aだと思うことが、相手にとっては、Aとは思えない。Bである。

となった場合、どうするのか。

 私に余裕があったり、どうでもいいことなら、相手に合わせる。けれども、これは絶対Aだ!とおもうことは私はAだと主張する。
これは、わかりあえませんね。

 けれど、私が常々思っていることですが、「なぜAなのか?」「なぜBなのか?」ということをお互いに納得するまで話したら、たとえ分かり合えなくても、相手のことが理解できるのではないかと思います。

 相手に合わせるのと、理解は違います。結果と人間性も違います。

話し合いが、分かり合う第一歩。相手に向き合うこと。  


Posted by みっちー at 05:10Comments(1)日記

2008年09月25日

就任と勇退

 今日は、世間の話題に便乗して思ったことを、と思い書きました。

タイトルにあるようテーマは、就任と勇退です。

 就任といえば、みなさま、思いつくと思います。第92代 内閣総理大臣 麻生太郎氏のことです。

 私自身福岡在住ということもあり、悪い気持ちはしません。
 
 ただおそらくは、彼が総理大臣になったのは、先祖からの執念ではないかと思います。筑豊の庄屋が炭鉱で、資産をもち、その勢いで、政界へ進出。資産はあるけれど、家格がない。炭鉱長者が没落する中、閨閥結婚を経て、家格を得、「麻生財閥」として地方経済で生き残り、政界でも勢力をもち、今や第92代内閣総理大臣へ。

 この麻生一族の数代まえからの執念に頭が下がるばかりです。でも皮肉なことに麻生太郎氏が目指す政治家は、「吉田茂」とのこと。「麻生」とは、関係ないわけですね。

 先日、とある金融セミナーに行ったんですが、講師の先生がいうには、「これからの日本株の投資に外国人資金が逃げていくかもしれない」と。なぜかというと、「こんなにも政治のトップが代わる国は珍しい。信用ができない」とのこと。

 うむむ。そうだ。確かにころころトップが変ってる。変わるだけで、こんなに投資環境がかわるとなると、せめて麻生氏にいいたい。「突然やめないでください」と。

 そして、「小泉内閣のときは、とにかく、外国投資家から見ると、変化が起こっている、進んでいる」というイメージでどんどん外国人投資家から資金が入ってきたとのこと。しかし、阿倍、福田内閣となると変化がとまり、「停滞」のイメージとのこと。

 確かに小泉内閣のときは、いろいろと論争変化があって、日本全体が何やら一種の興奮状態だったと思います。小泉内閣が行ったことがよかったのか悪かったかというと、きっと今はまだわからないでしょう。

 ただ、韓国人の友達が言っていました。
 「僕は小泉純一郎が嫌いだ。韓国のことを考えていない。でも僕が日本人なら、あの人のことがきっと好きだと思う。あの人は、本当に日本に誇りを持っていて、他の国からいろいろ言われても曲げていない。」とのこと。

 あの曲げない強さは、外国人から見ると、あるべき姿だったのかもしれません。山本周五郎の「楡の木は残った」の原田甲斐のように感じられます。原田甲斐も結局賛否両論ですし、そんなものかもしれません。

 おお、だいぶ、「就任」について書きました。じゃあ、次は、「勇退」を。

 「勇退」というと、いわずもがな、「王貞治氏」です。世界の王こと、王貞治氏が、昨日福岡ソフトバンクホークス監督を勇退しました。今までよく、福岡市民、県民、九州全域に夢と希望をありがとう、お疲れ様といいたいもんです。やっぱり、自分の住んでいる町に野球チームがあると、わくわく、お祭りのような気持が味わえると思います。野球の試合の日は、人もたくさんいて、みんながみんな、そろいの法被やらなにやら着てると、それだけでうきうきした気持になります。それが強かったらなおさら!

 王貞治氏が福岡ダイエーホークス(当時)に来たとき、確か、ホークスがすごい弱かった時代だった気がします。んで、その当時のあたしは、王氏が福岡にくることを中内氏(当時ダイエーオーナー)の金に物を言わせた、客集めの監督就任で、王氏を客寄せパンダ的に考えていました。心ないファンが、王監督に生卵をぶつけるという事件もありました。

 ところが、ダイエーの資金投入もあってか、見事、地域密着型球団として成長を遂げていくわけです。ホークスが、日本一になって、渡辺通りをパレードするとき、ビルというビルから白い紙吹雪が出ていたように思います。ダイエー経営危機の時は、真面目に福岡市民は「自分たちの町からホークスがなくなるなんて!」と心を痛めていました。無事、地域密着型球団「ソフトバンクホークス」として、今も福岡を本拠地にしています。

 こんな風に、ホークスが地域密着型球団になっていったのは、王監督のファンサービス精神が浸透しているためといわれています。また主力選手に九州出身者が多いということでしょうか。

 だいぶ書きましたね~ふ~。

 「就任」と「勇退」ははじまりとおわり

くしくも面白いのは、勇退の王貞治氏は、東京生まれ下町育ち、そして「福岡が第二の故郷」といい、福岡で終わりました。一方、就任の麻生太郎氏は、福岡県筑豊生まれ、しかし、人生の大半を東京で。いわば「東京が第二の故郷」というところでしょうか。東京で始まります。

 

   


Posted by みっちー at 00:52Comments(0)日常のつぶやき

2008年09月21日

「鶴は帰りぬ」

 久しぶりに読書。履歴書の趣味の欄に、「読書」と書くのですが、最近あんまり読んでいません。

 時々、心理学、統計、金融といった、いかにも!みたいなビジネス実用書をよんでいたのですが、たまには、心があらわれるものをよまなければ、と思って読んだのが、『日日平安』(作:山本周五郎)です。

 全六編の短編集なんですが、すべてにわたって、山本周五郎特有の人間の美しさ、強さに満たさてれいます。読んでは、「はー」と感心をしないではいられません。中でもお勧めは、表題の「鶴は帰りぬ」です。

 内容は、といいますと、若い不器用な男女の恋の物語です。お互いに好きとしりつつも、義理やらでなかなか一緒になれぬ二人。そんな二人にいうわけです、作者の分身おせき姐さんが。「人を愛することはもう、人生を選んでいるんだよ。あとのことはどうにでもなる。いいからおっかけな」って。

 本当に平凡な、だれしもが経験することなのだろうけど、なんちゅう、ドラマティックand人間ドラマ!短い短編にもかかわらず、最後のワンシーンで、あたしゃ、涙ボロボロです。。。。

 最高です。山本周五郎!
 

   


Posted by みっちー at 15:18Comments(3)日記

2008年09月18日

語用論的知識を教える

 今日は、久々に学生をしかり飛ばしました。

なんで、叱ったかというと、事務所においてある私のお菓子を勝手になにも言わず私の目の前で食べたから。

こうかくとえっらい小さいことで怒ってしまったようなきがするのですが、次のことで、この学生の行動は問題だと思うのです。

1.場をわきまえることができていない。
2.断りを言わない

 友達同士ならこういうことは何にも問題はないとおもうのですが、友達同士で成立するルールを事務所の人(上の人)に同じように適用させることはまずいでしょう。問題です。仮に、その学生が私を親しく思っていて、友達のように感じていたとしても、友達ではないのですから、わきまえるべきです。親しき仲に礼儀ありということを理解しなければなりません。
 さらに、「断りをいれない」ってのも問題。もちろん「断りの有無」に関しては、個人差があるので、一般化すべきじゃないけど、人間関係の亀裂をさけるためには、とにかく断りをいれるのが重要。断りを入れてたら、少なくともマイナス評価を受けることはないとおもうので。

 ということで、怒りました。

何度も

「あたしはね、あなたがお菓子をたべたから怒ってんじゃないんだよ、親しき仲にも礼儀ありといことを理解してもらいたい。これとおんなじことをよそでしたら、あなたの評価が悪くなる可能性があります。だから、今なんで私が怒っているか理解してほしい。」といいました。

 それに加えて、
「あなたの日本語力なら、すみません、とか、ちょっと、ということは簡単だと思います。でも、今ここで、使うべきときに使えなければ、その表現は何も意味がないんだよ」

 最後に
「あなたは今、日本にいるのだから、そういう日本の考え方を理解したほうがいいと思います。中国ではどうかしりませんが、これからいろいろな日本人と会うのだから、そういう考え方は理解したほうがいいです」

 といいましたが、伝わったかどうか・・・・。思うに、こういう場面に応じた使い方って、指導するのが本当に難しい。教えなくてもできる人もいれば、できない人間もいる。人間性の問題なのかなあ。わたしが怒った学生より日本語が上手じゃない人でも、こういう「あちゃー。それ失礼じゃない?」みたいなことはしない。どんなに親しくてもしない人はしない。また逆もしかり。どれほど日本語が上手でも、「あちゃー、それ失礼やろ」みたいなことをいう人は言う。

 語用論的知識もoutput仮説と同じように一度、産出して、仮説検証しなきゃ身につかないものなのかな。

 少なくとも私の学生でいる間は、そういう表現の裏にある意味にも気付かせてやりたいものです。  


Posted by みっちー at 01:51Comments(0)教育のつぶやき

2008年09月13日

馬鹿にしてはいけませぬ!


 人から好かれない人の特徴

1.人を馬鹿にする
2.自分は優れていると示す人


・・・・最近、気がついたことです・・・・・。  


Posted by みっちー at 00:46Comments(2)日記